吊り橋

tilte カメラの持ち運び

登山にカメラを持って行く時の注意点として「防塵」性能があるものをおすすめします。
また、山の天候は変わりやすいので防水・防滴の機能があったほうが良いでしょう。
カメラの持ち運びについてはどの山に行くかで異なります。
登山道の整ったアップダウンの少ない低山ハイキングであれば、直ぐにカメラを取り出せるウエストポーチが便利です。
逆に、富士山など3000m級の山、険しい山、難易度の高い山の場合はウエストポーチは避け、リュックに入れておくのが良いでしょう。

富士山と雲

tilte 高山植物を写すなら

登山で写真を撮る楽しみの一つが高山植物です。
栄養が少ない厳しい環境の中で可憐に咲く小さい花々の魅力は言葉につくせません。
高山植物で有名な白馬八方尾根トレッキングは写真に撮る人にとってお勧めの山です。
特に八方池山荘から八方池までの八方尾根自然研究路は、地形、地質、気候などの自然環境によってここにしか育成しない固有の植物もあります。
更に湿原や湿地帯、草原などさまざまな景観に富み、どこを見ても被写体になる美しい山です。

富士山と空

tilte 飛騨山脈の長野側

皆さんは八方池をご存知ですか。
長野県と富山県の県境にある飛騨山脈の長野側から白馬岳を見上げる方向にあります。
スキーヤーには有名な八方尾根スキー場のゴンドラ終点八方池山荘から1時間半ほど登ったところに池はあります。
日本海に近いので冬は雪深く埋もれていますが、夏は登山者の目を楽しませてくれる高山植物のお花畑が池の周囲にはあります。
海抜2000m少々のところですが、空気がきれいで気持ちのいいところです。

富士山とすすき

tilte 富士登山ご来光ツアー

白馬岳は知らなくても、富士山は世界遺産に登録されなくても日本人なら誰でも知っている美しい形の火山です。
富士山は山梨県と静岡県の県境にある独立峰で噴火によって溶岩が斜面を覆い、6合目あたりから上は森林限界のせいもありますが植物はほとんどない山です。
山開きが行われる夏だけ登山客のための山小屋が営業されています。
世界遺産に登録されて海外からの旅行者も含め登山客は非常に増えています。
特にご来光を見るツアーが人気です。

夕日

tilte 富士山の水

しかし、3000mを超す山に登るときの注意としては、登山途中に体調を崩しやすいので無理しないことが大事です。
天気が悪かったり気圧が低いと、酸素が少ないので高山病にかかりやすいです。
また、山頂は気温が低いので防寒具も必要です。
富士山は高度が高いので山頂の初雪も早く、冬季は雪で覆われます。
富士山の伏流水や地下水がミネラルウォーターとして無限にあるのは、この積雪による豊かな水源は川にならず、富士山の地下タンクに蓄えられるせいです。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031